「橋下×羽鳥の番組」越前屋俵太オールカット物語 第三部 最終回

今までの経緯はこちら

越前屋俵太オールカット物語 第一部
越前屋俵太オールカット物語 第二部

司会者の橋下さんと羽鳥さんも、これ以上新しい展開もなさそうだからこの辺りでそろそろ終わりだろうな!と思ったであろう、残りわずかの時間帯に、僕もたぶんこれで最後だろうと思って、思い切ってこう切り出した。「橋下さん、最後にひとつだけ相談したいことがあるんですけど、いいですか?」

「もちろんいいですよ!なんでも仰って下さい!」橋下さんはニコニコしながらそう答えてくれた。

僕は体の中で生成されたアドレナリンが毛穴から溢れ出しそうになるのを押さえ込むように静かに、こう言った。

「あの~、実は今、政党を作ろうと思っています!」

その言葉を聞いた瞬間、それまで穏やかな表情で話を聞いてくれていた橋下さんの顔が、一変した。

「何言ってんですか俵太さん!さっき政治は嫌いだと言ったじゃないですか!」

スタジオ中に緊張が走った。それはあまりにも唐突すぎる発言だった。山籠りの話は、事前に打ち合わせの時に聞いたけど、政党をつくる?そんな話は聞いてない!慌てたのはスタッフだった。当然、僕もそんなことは喋った覚えなどない。何を言い出すんだ!越前屋俵太は!感が、スタジオを支配した。

橋下さんは、あきらかに語気を強めながら

「どういうことですか?俵太さん!それは話がおかしくありませんか?」と突っ込んで来た。その顔はテレビで見たことのある橋下徹だった。

興奮する橋下さんに対して、意外に冷静だった僕は「まあ落ちついて、最後まで聞いて下さい!」となだめるように話を続けた。「確かにさっき国民から税金を預かってるのに、皆さん全員の為だというのはおかしい!だから政治家は嫌いだ!というようなことを言いました。だから、僕は別に今の日本がこれでいいんでしょうか?と国民の皆さんに問う政党を作る気など、さらさらありません!そんな天下国家のことよりも、僕は今、自分自身のことで精一杯です。自分が情けないとも思っています!テレビがやらせだからどうだとか、噓が嫌いだとか、子供みたいなことを言っています。心が折れたからと言って、仕事を全部辞めてまで山に籠ったりしてしまって、ウジウジしてしまっている自分がいます。だから僕は、今の自分自身に対して、お前はこのままでいいのか?と言いたい!この国がこのままでいいのか?という問題は、立派な政治家の先生に任せるとして、僕は僕自身にこのままでいいのかと本気で自分に問いたいと思っているので、ここに自問自党を立ち上げようと思います!」

自問自党!その言葉を聞いた瞬間、さっきまでシ~ンと静まり返っていたスタジオが大爆笑の渦に包まれた。その日一番の大爆笑だった。険しい顔になっていた橋下さんも大笑いしていた。僕的には、なんだそういうことね!と思われて終わるはずだった。

ところが、次の瞬間、橋下さんが言ったひと言に、僕は耳を疑った。

「俵太さん!僕がその自問自党の幹事長しますよ!」

「ええっ~」

今度はスタジオ中が驚いた。僕はてっきりギャグだと思った。ところがそうじゃなかった。
何故そう思ったのかと言うと、橋下さんの発言に驚いた僕が

「ええっ、マジですか?橋下さん本当に幹事長してくれるんですか?」って聞いた瞬間
「ええ、もちろんしますよ!」って言ってから、ちょっと間があって、急に我に返った橋下さんが

「いやいや、うそうそ、こんなことうっかり言ったら、また何か書かれるかもしれないから、今のは、なしなし!」と慌てて言葉を撤回した。

スタジオが、そのやりとりに大爆笑した。

わざと言ったんだったらそんなリアクションは出来ない。思わず本当にそう思ったみたいだった。
こっちも面白くなってきたので、間髪入れずに

「幹事長がだめだったら、政調会長はどうですか?」とやった。

「それだったら、いい・・・いやいや、ダメダメ!カットカット!」

そんな、冗談とも本気ともとれる応酬が続いた。でもしばらくして、橋下さんは、真顔で

「維新の党と同じで法律政策顧問ならやりますよ!これだと問題はないですから!」って本気で言ってくれた。

彼が気にしてたのは二度と政界に戻らない!と言ってるのにまたこんなことで、マスコミに突かれるのが嫌だから!という理由だった。
でも、本当の政党を作って選挙に出る訳ではないので、さすがに丁重にお断りした。

僕の自問自党宣言は、今回の収録で唯一面白い場面だった。まさかの橋下さんの自問自党の幹事長就任宣言!放送出来れば最高に面白いと思ったんだけど、事情が事情だけに、間違いなく今回は全てカットされるだろうから、こうなったら、言いたいことだけはっきり言って帰ろうと、更にこう続けた。

「自問自党は人に選んで貰う必要がないので、自分で自分に投票するんです。例え今日の自分が情けなくでも、明日の自分は頑張れる!と思って、みんな明日の自分に一票を投じるんです。だから自問自党の選挙の投開票はみんな自分自身に一票入れて、党首である僕が全員の名前を読み上げて、全員にバラをつけるイベントをします!これが自問自党です!」

僕とすれば、最初はもちろん、放送して貰えるようにしないといけないと思ってたけど、ここまで来たら、放送するしないなんて、べつにどうでもよくなっていた。橋下さんに対しては、僕なりの言い方で、言いたいことは言ったし、橋下さんにも色々と教えて貰った。まあ、普通のタレントさんならそれじゃダメなんでしょうけど!僕にはそんなことは本当に関係なかった。

橋下さんは自問自党の話を本当に嬉しそうに聞いていた。まあ、実際の政党の話でもないわけだから、安心して僕の戯言を聞いてくれていたんだと思う。
そんな橋下さんに向かって、最後に僕はこう締めくくった。

「まさか今日、この場で、自問自党をつくるなんて話をするとは思ってませんでした。でも、反対にここで話してしまった以上、この想いを心に刻むため、オホーツク海から押し寄せる流氷でも見ながら、自分自身がこれからどうあるべきかを本当に自問自答するために、北海道にでも行ってこようかなと思っています!今日は本当にありがとうございました!」

ニコニコしながらその話を聞いていた橋下さんが、また一瞬マジになって、こう言った。

「俵太さん!流氷は僕も前から見たかったんで、一緒に自問自答にしに北海道に行きますよ!」

「ええっ~!」

横にいた羽鳥さんは呆れて、スタジオにいた人達は一瞬みんなあっけにとられた。

僕はてっきり、彼のリップサービスだと思ったが、橋下さんは念を押すように僕に向かってはっきりと言った。

「ええ、これはもう番組とかそんなの関係なしに、僕も一緒に行きます!」

その、数週間後、僕らは北海道の網走にいた。
隣にいた自問自党の幻の幹事長と共に流氷を眺めながら、それぞれの心の中で色んなことを自問自答した。

橋下さんは「二人で流氷を見ているところを、秘書に撮影させて、テレビ朝日に渡しておきますけどいいですか?」と言ってくれた。僕は気を使って「別に構いませんが、議論にもならなかったし、最後はなんかややこしことになってしまったので、たぶん放送しないんじゃないですか?」と言った。橋下さんは「いや、いつも言い合いばっかりじゃ、おもしろくないんで、たまにはこんなのもいいと思います。大丈夫ですよ!」と言ってくれた。

それにしても、何故あのとき橋下徹は「僕が幹事長をする!」って言ったんだろうか?今となってはその真意はわからない。
ただひとつ言えることがあるとすれば、本当に北海道に来た橋下徹は、政治家云々ではなく、人として普通にカッコ良かった。

~完~

三回に渡ってお付き合い頂いて、ありがとうございました。
もし自問自党に入党して自問自答したい人がいたらみんなで、何処かの島で結党大会ならぬ結島大会とかしたいですね!
自問自党 党首 越前屋俵太

橋下さんと落ち合う前日、たった一人で網走の流氷をバックに立党宣言をした写真がこちらです!

「橋下×羽鳥の番組」越前屋俵太オールカット物語 第二部

今までの経緯はこちら

越前屋俵太オールカット物語 第一部

越前屋俵太マジでボケる!

橋下さんがスタジオに登場した僕を見るなり、嬉しそうに「いやあ~俵太さん。昔はよく見てました~」ときたんで、こっちも「いや~苫米地さんの話があまりにも面白いので、僕の時間はクッションか、トイレ休憩でかまいませんから!」って返しました。非常に穏やかなムードで収録が始まったのですが、思いのほか、橋下さんが僕のファンだったらしく、本番が始まってしばらくは、ナイトスクープ時代に高校生だった橋下さんがクラスの中で、休み時間になると、僕のレポートの物まねをしてた!とかそんな話を嬉しそうに、僕のことをあまりよく知らない羽鳥さんに説明してくれました。まあ、こちらとしてはありがたいお話でしたが、黙って聞いていても仕方がないので、「そろそろ話してもいいですか?」って、突っ込んで、まず軽く笑いをとってから、今の自分のスタンスの話をしました。何故テレビに出なくなったのか理由も言っとかないといけないと思って、真面目に「テレビのヤラセが嫌だったんです!」とか、ついテレビであるというのを忘れて、普段思ってることを普通にそのまま喋ってしまった。考えてみりゃその部分は、テレビ批判だから、たぶんオンエアーはしない(笑)!

そのうち、スタッフから、そろそろご自分のテーマを言って下さい!というカンペが出た。私が橋下さんに言いたいことは「自分を省みては!」です。って言わないといけなかったんですが、これが、さっきテレビ局に着いてから急に言われたので、自分にはしっくりきてないのと、何十年ぶりかの久々のスタジオだったことが、重なったせいか、めずらしく何回もNGを出してしまった。短いアタック音が鳴り終わってからセリフを言わないといけないのに、鳴る前に言ったりとか、鳴ってから、言うまでの間があきすぎたりとか、わざとやったんじゃなくて、本当にギクシャクしてたんですが、これがまたウケてしまった。スタジオの雰囲気は、僕がわざとテレビの段取りを潰してボケることで笑いを取っている!というような雰囲気に包まれてしまった。まあそれはそれで、つかみとしては良かったんですが、大阪の番組ではないので、たぶんボケてるところはまず使わない(笑)。

越前屋俵太がスタジオで喋ったこと

そんな感じで、使えないだらけで、始まった本番なのですが、番組的には、どこかで議論にならないと本当に使えない。でも僕からすれば何度も言ってるように橋下さんに突っかかる理由は、最初からないわけですから、よっぽど相手を怒らせるか、僕が怒らない限り、議論にはならないことはわかっていた。番組側が考えてくれた、「自分を省みては?」というテーマにしても、相手の首根っこを掴んで、「反省しやがれっ!」っていう話になるほど強いわけではありません。そうこうしているうちに橋下さんの方から、「自分を省みる」って、どういう意味ですか?ってきた。取り敢えずは、僕がテレビメディアから離れて、5年ほど山に籠っている間、色々と自分を省みて、考えさせられる事があった。橋下さんにも出来たら、政界から離れた今、内省して欲しいという話です!と簡潔に前置きした上で、山に籠ってる時に裏山に生えてる木を貰ってきて、自分の庭に植えたりしてました、っていう話をした。橋下さんは、当然、最初は何のことだかわからないという顔をしていたが、あまり気にせず僕は淡々と自分の経験を喋った。

木は髪の毛のような細い根の部分から水や養分を取っている。それを適当に切って引っこ抜いて別の場所に植えてしまうと、根から水が吸えなくなってしまって、光合成のバランスがとれずに木がすぐに枯れてしまう。ところが、その枯れてしまった木をもう一度、蘇らせる方法がひとつだけある。かっこ良かった枝振りなんかを無視して、思い切って葉っぱや枝をすべて落として、ただの棒っきれのようにして地面に突き刺しておくそうすると、また根が棒の部分から少しづつ生えてきて木が再び生き返る。僕はある種の比喩のつもりで喋った。ただ木の話をしてるのか、人の生き方の話をしてるのかは受け取る側の自由。橋下さんは頭がいいから、僕が何を言いいたいのかはわかっていたようでした。続けて、プロが木を移植する場合の話をした。木は空中で枝が伸びている分だけ、地中で根も伸びていて、その先は髪の毛のように細い。そこから水やら養分を吸って生きている。だから必ず根をシャベル等で斬っても、すぐには引っこ抜かないで、1年程放っておく、そうすると根を斬った内側の太い根からからまた細い根が生えてくる。そしてその根が入っている土を崩さないように、ジュートで根巻きして荒縄をかけて、重機でつり上げる。こうすると根鉢1mぐらいの木でも葉が付いたまま枝も落とさず、生きたまま綺麗に移植ができる。この事前に根を切っておくことを「根回し」という、世間で言う根回しはここからきてる。この根回しが完璧でないとうまくいかない。そんな話をした。もうそこまでくると、出演者の二人も含めスタジオのスタッフも真剣に頷いてくれていた。

そんな話はたぶん要らない!

でも、やっぱりなんかまずい。頷かれていては議論にはならない。そんなこともわかったうえで、僕は最後に落葉樹の話をした。冬になると葉がなくなってしまう落葉樹より、常に葉がある青々とした常緑樹のような人になりたいと思っていたが、常緑樹はその分、雪が降ると枝葉に雪が積もって曲がったり折れたりしてしまう。その点、落葉樹達は冬になると枝だけになってしまってみすぼらしいが、雪からは身を守れて都合がいい。さらに落葉樹は、自らの意志で葉を落とし、根元に落ちたその葉を自らの養分として長い冬を耐え忍び、やがて春になれば芽を出す!そのことに気付いた時に感動した!一度はあきらめた自分だったけど、今は耐えてでも、もう一度頑張ろうと思った!という話を、関係ない話だと思うのなら聞き流せばいいぐらいの気持ちで喋った。本当に真剣に聞いてくれていた橋下さんは一言「いやあ~、いい話でした。」と静かに言った。そこから橋下さんに向かって、ケンカ腰に、「だからあなたも内省すべきだ!」とは言えなかった。僕としては、その時に橋下さんに対して自分が言えること精一杯言ってるつもりだった。

ただ、橋下さんではなく、テレビ局の要望に応えるのが仕事だとすれば、今回の僕のトークは仕事にはなっていない。だから仕事である以上は、やっぱり制作側の望む議論に持ち込まないと!という気持ちもあったので、もしかしたら橋下さんの返答如何によっては議論になるかもしれないという、最後の望みで、僕が根本的に政治家という職業を理解出来ない最大の理由を橋下さんにぶつけてみた。

越前屋俵太、橋下徹に噛み付く?

政治家は、今の日本がこのままでいいのですか?と国民にいつも問う。そしてこの国を理想の国家にするために改革するという大義名分のもと、国民の税金を使って自分たちの考える国家を作り上げる。もちろん国民の為に働くわけだから、国民のお金で自分たちも暮らす。一見筋が通ってそうだが、僕はひっかかる。皆さんのためにと言っても、常識的に国民全員の為になることは、間違いなく、あり得ない。必ず不利益を被る人も出てくる。それをみんなの税金を使ってやるというのが理解出来ない。お願いだからやってくれ!って言う人達のお金だけを使って、その人達の為だけにやるのなら何の問題もない。でも実際はそうはいかない。ならば、一体どんな神経で、皆さんのお金を使っておいて、皆さんのためだと言えるのか?僕には理解が出来ない!というような主旨の話をした。そして最後にこう言った。「もし、それでも政治家が自分を正当化する理由があるとすれば、大を活かす為に小を殺してもかまわないぐらい、冷酷に思っていないと、成り立たないと思う。橋下さんは、その辺りはどう思っているんですか?」と、小学生レベルの話かもしれないが、本気で聞いてみた。

橋下さんは、僕の目をみて冷静に「俵太さん、僕は政治に犠牲はつきものだと思っています。だから、それなりの犠牲は覚悟してやっています!」とクールに言い切った。もちろん、後で考えたら「あなたが、犠牲になる分は好きにすればいいが、国民が犠牲になるのはおかしい!」とか、突っ込むことは出来たかもしれない。でもその時は、僕の目を見て、覚悟してやってる!って言った橋下さんに対して、それはおかしいだろう!と言う気はまったくなかった。橋下さんは、僕に向かって丁寧に何故そう思うのか、喋ってくれた。政治における交渉と言うのは、示談だと思っている。それで納得しなければ、裁判すなわち、投票です。大阪都構想、僅差だったけど、負けは負けです。皆さんに支持して貰えなかったので辞めました!と話した。彼は弁護士だから、そこがはっきりしていた。民主主義の原則だとも言った。それに関してはさすがに、貴方を支持した人は半数近くいるのに、負けたからといってあっさり引き下がっていいのですか?と、少し突っかかったが、それはルールだから仕方がないという一点張りだった。民主政治はそういうもんです。ときっぱり言った。彼がいい加減な思いでカッコだけつけてやってると思っていたら、とことん突っ込んだかもしれないけれど、そんな人ではなかった。

政治に詳しい評論家の皆さんがバトルをしたがる政策論がどうだとかという細かい話ではない。政治家としてのある種の心構えのようなものをその時、橋下さんから感じとった。全ての批判は受ける!というつもりでやっているのなら、それはそれで潔い。そこで納得して引き下がってしまったら番組にならない!ということは重々承知のうえで、僕はこう言った。「わかりました。そこまで覚悟されているのなら、僕は何もいうことはありません。今後また政界に出ることがあるなら、日本の為に頑張って下さい!」僕は僕で、そのシーンがもし放送されて、テレビを見ている人達に「お前は何をしに来てるんだ!アホか!」と言われても別にかまわないと覚悟した。

放送がカットされるとかされないとか、そんなことはもうどうでもよくなっていた僕は、最後に番組の中で橋下さんにあることを相談した。

僕の言った想定外の一言にスタジオが一瞬、静まりかえった。それを受けて、橋下さんが言った一言に僕も含めてスタジオ中が驚いた・・・。

続くんだ!やっぱり。

「橋下×羽鳥の番組」越前屋俵太オールカット物語 第一部

テレビ朝日「橋下×羽鳥の番組」にゲスト出演したんですが、珍しくオールカットになってしまいました。収録で喋った中身を記憶をもとに出来るだけ書こうと思いますが、長くなるので三部作にします!

出演依頼は突然に

今年の1月にテレビ朝日から「橋下×羽鳥の番組」の出演依頼が突然舞い込みました。この番組は何度かチラッと見て知ってはいたんですが、番組内容としては、何となく政治の話をする番組のイメージがあったので、それが絶対条件なら、普通にお断りしようと思っていたのですが、出演依頼メールには、「橋下徹と羽鳥慎一とともに様々なテーマにてスタジオトークをして頂きたいと考えております。テーマは越前屋俵太様がお話ししたい内容なども考慮して作っていければと考えております。」と書かれていたので、まあ、取り敢えずスタッフの方に直接会って、話を聞くことにしました。

しかし、ちょっと不可解です。頻繁にテレビに露出している時ならまだしも、このタイミングで何故、越前屋俵太なのか、しかもそれが何故、政治色の強い「橋下×羽鳥の番組」なのか?全く持って意味がわかりませんでした。それでも敢えて僕に出演依頼を頼む人がいるとすれば、余程のファンの方かもしれないと思い、スタッフの方々にお会いしたのですが、年齢的には僕のことはあまり知らないような世代の方達でした。そうなると単刀直入に聞いてみるしかありません。思い切って何故、僕なのか聞いてみると、どうやら番組のプロデューサーがちょっと前に「越前屋俵太が復活」とヤフーニュースのトップに出たのを偶然に見たらしく、「越前屋俵太が復活したんだったら、急いで連絡を取ってくれ!」となって連絡したということでした。

越前屋俵太20年ぶりに復活?

 ヤフーニュースのトップに出た!という話も、これまた偶然で、たまたま大阪のとあるイベント会場で書動家「俵越山」として書いた12m程のイベントタイトルの横断幕のお披露目があって、その時たまたま会場に居合わせた記者の方に取材されたことがきっかけでした。「大阪でイベント出演は久しぶりじゃないんですか?」とか聞かれたので、「そうですね。大阪はもう20年ぶりですかね!」とか、適当に喋っていたら、その1時間後に、いきなり「越前屋俵太が20年ぶりに復活」という見出しがヤフーニュースのトップに出てしまった。驚いたのは僕だけではなく、その日のうちに、そんな話は初耳だと驚いた友人から「ついに復活するのか?」と次々にメールが入ってきて、本当に少しパニックになりました。活動の場として、テレビの新番組のレギュラー出演とかが決まってるならまだしも、その時点ではそんなつもりはまったくないわけですから、本当に復活なのか?と聞かれても答えようがありませんでした。一度心が折れて、テレビから遠ざかっていた僕としては、その時は、自分のやれることをやれる範囲で少しづつやろうと思っていた頃で、その日も、たまたま縁があった方から頼まれたイベントをお手伝いしていただけで、「復活だ!」と自分からPRしたわけでもありませんでした。でも、ヤフーニュースに出てしまったものは仕方がありません。一瞬、世間が騒がしくなって、どうやら、その時の余波がテレビ朝日まで届いた!という事の次第でした。

山籠りの話をすればいいの?

 スタッフとあれやこれやと雑談をしてる中で、何気なく聞かれたのは「橋下さんに何か言いたいことはありませんか?」ということでした。やはり、そこがポイントでした。そうなると別に出たい訳でもなかったので、正直に答えました。「橋下さんは橋下さんなりに頑張っているんだろうから、別にこれといって、言いたいことはありません!」本来はそれだと番組にならないことをわかっていたので、フォローのつもりで「番組的には議論になった方がいいですよね!」と確認した僕に、少し気を遣ってか、スタッフが「いえ別にどうしても議論しないといけないとか、そういう訳でもありません。」という返答がかえってきました。もちろんはっきりそこで「議論をして下さい!」と言われたら、断わったんですが、そういうことじゃなくてもいい!というようなニュアンスだったので、少し困ってしまいました。

じゃあ、どうするのがベストなのか?お互いにあれやこれやと話をする中で、「山に籠ってる間、何をしてらっしゃったんですか?」と聞かれたので、「ひたすら木を植えてました。」って話をしました。続けて「落葉樹が、秋から冬にかけて自らの葉を落とし、一旦はみすぼらしく枝だけになったとしても、根元に落ちた自らの葉を栄養分として長い冬を乗り越え、春にまた芽を出す!なんて素晴らしいことなんだろう!」というような話を真面目にしていたら、とても感動したらしく、「その話をそのまま橋下さんにぶつけて下さい!」ということになってしまいました。「僕はいいですけど、それではテレビ局が望む議論にはならないじゃないですか?」としつこく聞いたら、それでは、一旦この話を局に持ち帰らせて頂いて、プロデューサーや他のスタッフとも相談して、どうするか決めてから、改めて連絡します!という話になりました。ひとまずは連絡待ちというパターンです。

越前屋俵太、橋下徹にもの申す?

ところがその後、テーマがどうなったのかという連絡も無いまま、本番の日を迎えてしまった。事務所に所属していると、こんなことにはならず、早めに話をつけるのですが、今回は直接なので僕もこちらからどうなりましたか?としつこく突っ込む訳にもいかず、当日になってしまいました。取り敢えずテレビ朝日に向かいました。控え室でスタッフから手渡された台本には、「越前屋俵太、橋下徹にもの申す!」という文字が印刷されていました。なんだそりゃ!それは初耳です。それは出来ないって言ってましたよね!と笑いながらスタッフにクレームっぽく言ってみましたが、「出来れば、これでお願いします!」の一点張りでした。ん~困った!今さら断わるわけにもいきません。僕の前のゲストが苫米地英人さんで、1時間の収録予定のはずが2時間になってもまだ激論が続いていた。僕の後のゲストは名古屋市長の河村たかしさんだった。本当に困った!「打ち合わせのときと話が違う!」の一言です。こんな目にあったのは僕だけなのかなと思っていたら、後にゲストで出たラッパーのZeebraさんも同じようなことを収録直後ツィートしてました。

台本に書かれていた僕の橋下さんに言いたいテーマは、「自分を省みては?」でした。スタッフ的には、僕自身が山に籠っていたときの話をしつつ、橋下さんに「あなたも反省すべきだ!」的なことを言って欲しいということでした。自分の話はいくらでも喋れるけど、べつに橋下さんには詰め寄る気はまったくありません。こんなことになるのなら、事前にメールでスタッフに詰め寄っておけばよかったのですが、今さらどうしようもない。これはかなりマズイパターンです。このままいくと、僕が番組の主旨を理解してないまま出演している間抜けな人になります。僕もZeebraさんのように話が違うと言いたいところですが、彼とは違って、僕は一応この世界で食べて来た人間ですから、言い訳はしたくはない。ひどいもなにもテレビってそんなもんです。なので、ここまで来たらジタバタしても仕方がないと思って、覚悟を決めてスタジオ本番に入りました。

僕の不安をよそに、橋下さんが僕を見るなり嬉しそうに言った、この一言から番組は始まりました。「いやあ~俵太さん。高校生の時よく見てました~!」