「橋下×羽鳥の番組」越前屋俵太オールカット物語 第一部

テレビ朝日「橋下×羽鳥の番組」にゲスト出演したんですが、珍しくオールカットになってしまいました。収録で喋った中身を記憶をもとに出来るだけ書こうと思いますが、長くなるので三部作にします!

出演依頼は突然に

今年の1月にテレビ朝日から「橋下×羽鳥の番組」の出演依頼が突然舞い込みました。この番組は何度かチラッと見て知ってはいたんですが、番組内容としては、何となく政治の話をする番組のイメージがあったので、それが絶対条件なら、普通にお断りしようと思っていたのですが、出演依頼メールには、「橋下徹と羽鳥慎一とともに様々なテーマにてスタジオトークをして頂きたいと考えております。テーマは越前屋俵太様がお話ししたい内容なども考慮して作っていければと考えております。」と書かれていたので、まあ、取り敢えずスタッフの方に直接会って、話を聞くことにしました。

しかし、ちょっと不可解です。頻繁にテレビに露出している時ならまだしも、このタイミングで何故、越前屋俵太なのか、しかもそれが何故、政治色の強い「橋下×羽鳥の番組」なのか?全く持って意味がわかりませんでした。それでも敢えて僕に出演依頼を頼む人がいるとすれば、余程のファンの方かもしれないと思い、スタッフの方々にお会いしたのですが、年齢的には僕のことはあまり知らないような世代の方達でした。そうなると単刀直入に聞いてみるしかありません。思い切って何故、僕なのか聞いてみると、どうやら番組のプロデューサーがちょっと前に「越前屋俵太が復活」とヤフーニュースのトップに出たのを偶然に見たらしく、「越前屋俵太が復活したんだったら、急いで連絡を取ってくれ!」となって連絡したということでした。

越前屋俵太20年ぶりに復活?

 ヤフーニュースのトップに出た!という話も、これまた偶然で、たまたま大阪のとあるイベント会場で書動家「俵越山」として書いた12m程のイベントタイトルの横断幕のお披露目があって、その時たまたま会場に居合わせた記者の方に取材されたことがきっかけでした。「大阪でイベント出演は久しぶりじゃないんですか?」とか聞かれたので、「そうですね。大阪はもう20年ぶりですかね!」とか、適当に喋っていたら、その1時間後に、いきなり「越前屋俵太が20年ぶりに復活」という見出しがヤフーニュースのトップに出てしまった。驚いたのは僕だけではなく、その日のうちに、そんな話は初耳だと驚いた友人から「ついに復活するのか?」と次々にメールが入ってきて、本当に少しパニックになりました。活動の場として、テレビの新番組のレギュラー出演とかが決まってるならまだしも、その時点ではそんなつもりはまったくないわけですから、本当に復活なのか?と聞かれても答えようがありませんでした。一度心が折れて、テレビから遠ざかっていた僕としては、その時は、自分のやれることをやれる範囲で少しづつやろうと思っていた頃で、その日も、たまたま縁があった方から頼まれたイベントをお手伝いしていただけで、「復活だ!」と自分からPRしたわけでもありませんでした。でも、ヤフーニュースに出てしまったものは仕方がありません。一瞬、世間が騒がしくなって、どうやら、その時の余波がテレビ朝日まで届いた!という事の次第でした。

山籠りの話をすればいいの?

 スタッフとあれやこれやと雑談をしてる中で、何気なく聞かれたのは「橋下さんに何か言いたいことはありませんか?」ということでした。やはり、そこがポイントでした。そうなると別に出たい訳でもなかったので、正直に答えました。「橋下さんは橋下さんなりに頑張っているんだろうから、別にこれといって、言いたいことはありません!」本来はそれだと番組にならないことをわかっていたので、フォローのつもりで「番組的には議論になった方がいいですよね!」と確認した僕に、少し気を遣ってか、スタッフが「いえ別にどうしても議論しないといけないとか、そういう訳でもありません。」という返答がかえってきました。もちろんはっきりそこで「議論をして下さい!」と言われたら、断わったんですが、そういうことじゃなくてもいい!というようなニュアンスだったので、少し困ってしまいました。

じゃあ、どうするのがベストなのか?お互いにあれやこれやと話をする中で、「山に籠ってる間、何をしてらっしゃったんですか?」と聞かれたので、「ひたすら木を植えてました。」って話をしました。続けて「落葉樹が、秋から冬にかけて自らの葉を落とし、一旦はみすぼらしく枝だけになったとしても、根元に落ちた自らの葉を栄養分として長い冬を乗り越え、春にまた芽を出す!なんて素晴らしいことなんだろう!」というような話を真面目にしていたら、とても感動したらしく、「その話をそのまま橋下さんにぶつけて下さい!」ということになってしまいました。「僕はいいですけど、それではテレビ局が望む議論にはならないじゃないですか?」としつこく聞いたら、それでは、一旦この話を局に持ち帰らせて頂いて、プロデューサーや他のスタッフとも相談して、どうするか決めてから、改めて連絡します!という話になりました。ひとまずは連絡待ちというパターンです。

越前屋俵太、橋下徹にもの申す?

ところがその後、テーマがどうなったのかという連絡も無いまま、本番の日を迎えてしまった。事務所に所属していると、こんなことにはならず、早めに話をつけるのですが、今回は直接なので僕もこちらからどうなりましたか?としつこく突っ込む訳にもいかず、当日になってしまいました。取り敢えずテレビ朝日に向かいました。控え室でスタッフから手渡された台本には、「越前屋俵太、橋下徹にもの申す!」という文字が印刷されていました。なんだそりゃ!それは初耳です。それは出来ないって言ってましたよね!と笑いながらスタッフにクレームっぽく言ってみましたが、「出来れば、これでお願いします!」の一点張りでした。ん~困った!今さら断わるわけにもいきません。僕の前のゲストが苫米地英人さんで、1時間の収録予定のはずが2時間になってもまだ激論が続いていた。僕の後のゲストは名古屋市長の河村たかしさんだった。本当に困った!「打ち合わせのときと話が違う!」の一言です。こんな目にあったのは僕だけなのかなと思っていたら、後にゲストで出たラッパーのZeebraさんも同じようなことを収録直後ツィートしてました。

台本に書かれていた僕の橋下さんに言いたいテーマは、「自分を省みては?」でした。スタッフ的には、僕自身が山に籠っていたときの話をしつつ、橋下さんに「あなたも反省すべきだ!」的なことを言って欲しいということでした。自分の話はいくらでも喋れるけど、べつに橋下さんには詰め寄る気はまったくありません。こんなことになるのなら、事前にメールでスタッフに詰め寄っておけばよかったのですが、今さらどうしようもない。これはかなりマズイパターンです。このままいくと、僕が番組の主旨を理解してないまま出演している間抜けな人になります。僕もZeebraさんのように話が違うと言いたいところですが、彼とは違って、僕は一応この世界で食べて来た人間ですから、言い訳はしたくはない。ひどいもなにもテレビってそんなもんです。なので、ここまで来たらジタバタしても仕方がないと思って、覚悟を決めてスタジオ本番に入りました。

僕の不安をよそに、橋下さんが僕を見るなり嬉しそうに言った、この一言から番組は始まりました。「いやあ~俵太さん。高校生の時よく見てました~!」

~続く

想定外なことが起こり続けている私

越前屋俵太を名乗って35年、初めて書き下ろした本「想定外を楽しむ方法」がついにKADOKAWAから出版されることになったんですが、いや~!ここ最近本当に「想定外」なことが起こり続けていて驚いています。

 

ざっと、今回の出版に至った流れを整理しますと、京都の洛中にある佐々木酒造さんで一日だけ酒蔵を居酒屋にしてしまう「佐々俵」なるイベントを昨年から企画していて、毎年沢山の方にお越し頂いています。たまたま、昨年の「佐々俵」で、俵越山のライブペイント作品をオークションで落とされた方が、大阪の道頓堀商店街の会長さんでした。そのご縁で道頓堀のリバーフェスティバルに呼んでもらって、10メートルほどの「道頓堀川面舞台」という横断幕を書かせて頂きました。そのイベント終了後に記者の方々に取材されて、その記事がヤフーニュースのエンタメトップに出たことで越前屋俵太が復活!とかになってしまいました。

そのイベントを告知してあげようと、たまたま出た朝日放送のラジオに、結果的にレギュラー出演する事になったり、前後してひょんなことで、知り会った水道橋博士のメルマ旬報に寄稿したり、これまたひょんなことで、出会ったDDTプロレスの高木三四郎さんと、コタツごと一緒に海に落ちたり、なんか急に周りが騒がしくなっていって、そんな状況の中で出版社の方が連絡をして来られたというわけです。

いやあ!面白い。何でそうなるのか?やろうと思ってることは中々出来てないのに、よくもまあ次から次へと色んなことが起こりますね。当たり前ですが、全部が繋がっていて、あそこでこうなったからこうなって、こうなったんだ!なるほど偶然というのはこういう積み重ねなんだなあ!とあらためて思います。

 

ところが、起きてしまった事を、どうしてこんなことになったんだろうと、思い悩んでるときは、すべてがネガティブに動いているように感じます。そのことが、また何かのきっかけで、まるでオセロゲームのように黒だったものが白くなっていって、面白いように事態が変わる。本当に一瞬です。これだけはどうしようもない。だって世の中なんて、絶対自分の思う通りにならないわけですから。思う通りにしようとしている人にとっては想定外は辛いかもしれませんが、そんなに深くややこしく考えてさえいなければ、想定外は本当に楽しい。そんな事を自分の経験をもとに書いてる本のはずです(笑)。よかったら皆さん買って下さいね!

 

これからもいろんなことが起きて一喜一憂するのでしょうが、それこそブログのタイトルに引っ掛けて使っている「人間万事塞翁が馬」というやつです。いいことが起こるとみんな嬉しいのですが、悪いことが起こっときにどうするのか?そんな時の対処法として、良寛さんはスゴイことを言ってます。

 

災難に遭う時節には災難に遭うがよく候。

死ぬる時節には死ぬがよく候。

これはこれ災難を逃るる妙法にて候。

わかるんですが、このすべてを受け入れる、ということがなかなか出来ないんですよね我々凡人には。どうしても、自分に起きたことを受け入れられずにうろたえてジタバタしてしまう。こうなったら、ジタバタしてもんどりうってる自分自身すら楽しんでみるしかない!という結論に達したという話です。まあそんなことで「想定外を楽しむ方法」よろしくお願いします。想定外が起こって出版社がびっくりするぐらい売れて欲しいんだけど、まったく売れなくて、すべては想定内だと言われそうです。ホリエモンかお前は!

 

2017年 皆さん あけましておめでとうございます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882017-01-03-19-57-00%ef%bc%89今から約20年ほど前の話ですが、人気番組「探偵ナイトスクープ」に、一人だけ周りと完全に浮いた男がたまに登場しておりました。

そうです、何を隠そう、その浮いた男とは私の事なんですが、なに故に浮いていたかと申しますと、ご覧の通りその格好が幼稚というかなんというか、頭に鶏をのせ、体は牛のパジャマ姿という、まるで子供が学芸会にでも出るような、今でいう、ハロウィン級の馬鹿な出立ちをしていたからでした。

何故そんな格好をしていたのか?というと、それなりに意味があったのですが、まあ当時は何も言わずにいました。

今年がたまたま酉年ということもあって、今更ながらで申し訳ありませんが、20年ぶりにその理由を少しだけ告白させて下さい。

実はあの格好は、ずばり「鶏口牛後」という言葉そのものでした。

大手プロダクションに所属して、色んな人に媚を売りながら要領よく仕事をするより、たとえ一人であったとしても、自分が頭を張るんだ!という、当時の意気込みをそのまま表してた格好でした。今になって、冷静に考えると、それだったら、ちゃんと意味を言わないと!誰にもわからない事ぐらいはわかってたはずですし、下手したら、言ったところで「鶏口牛後」って何?ってなる人も当然いたでしょうから。それでも言わなかったというのは、なんて言うのか、敢えて、何も言わずに笑われてたかったんですかね。

それがストイックというか、ただの勘違いというか、まさしく、どうしようもない当時の越前屋俵太の生き方そのものでした。

まあ盗んだバイクで走り出したりする事は犯罪だとわかってたんで(笑)絶対しなかったんですけど、わざとこの格好をしてテレビに出るという事が、わかってもらえるとかもらえないとかの次元ではなくて、世の中に対する越前屋俵太なりの精一杯の抵抗だったわけです。

ただ、当時は本当に誰一人として、あの格好の意味に気がついてはくれなくて、ただのモーモーコケコ野郎だと思われてました(笑)ここがお笑い系の辛いところですね!

ただのお笑いだったら、そんなややこしいことは言わずに、ただ意味も無く面白ければいいわけですし、仮にそんなに世間と闘いたかったのなら、お笑いなんかせずにロックミュージシャンになる道もあったんでしょうけど、結局、歌も歌えないし、楽器も出来ないし、まずミュージシャンは無理だと思ってたんですね。

そう言えば、昔、ギタリストのCharさんと飲んでる時に、その事を喋ってたら、「お前!そんなに喋れたら十分ロックだ!」って言われて、少し嬉しかった事もありました。

あと、もんた&ブラザーズの門田 頼命さんにも「俵太は俺らと一緒のノリなんやけどなぁ、お笑いのジャンルやからなぁ」て、言われたこともありました。

たぶん自分でも、わかってたとは思うんですけど、でも、なんていうか、難しいかもしれないけど、誰もやってない表現の仕方ってあるはずだと思って、ずっとそれを探してました。

そう言えば、昔、ビートたけしさんと飲んでる時にも、ロックの話になって、こんなことを仰ってました。

「みんなロックロックって言うけど、ロックなんて簡単じゃねえか、ただ拳を振り上げてストレートに怒りをぶつけて、怒鳴ってりゃあいいんだから。お笑いはよ、そこを無理矢理ひねって表現するんだから、お笑いは意外と高度なんだ!」って。

そうなんですよね。言いたい事があるんなら、ストレートにわかりやすくロックのリズムに会わせて言いたい事を歌えば、それなりには伝わるんでしょうけど、それは当たり前すぎてつまらないってことになって、敢えて、ねじ曲げて表現するわけですから、早い話がひねくれもんだったんですよね、越前屋俵太は!全然、素直じゃない(笑)

まあ、そんな、素直じゃない私ですが、以前お伝えしたように、今年の1月9日から、朝日放送ラジオ「武田和歌子のぴたっと」毎週月曜日(15時~17時生放送)のレギュラーパートナーを務めます。

なんと25年ぶりの生放送ラジオのレギュラーです。昔はすべて深夜帯だったので、言いたい放題で気が楽だったのですが、今回はお昼の時間帯ですから、

「交通情報センターのヤマモトさ~ん!」とかになるんでしょうかね!それは越前屋俵太的には昔だとあり得ないんでしょうけど、今だと面白くて仕方がありません。

しまいには調子に乗って「それはいっちゃいけないですよ!俵太さん」みたいな事になるんでしょうかね。

そうならないように敢えて関西大学とかの非常勤講師の肩書きで出演しますが、気が付けば非常識講師になってたりして(笑)あ~やだやだ!

というわけで、初回から聞いとかないと、気がついたらいなくなってるかもしれません。(笑)

今年は、なんだかんだの一年になるとは思いますが、皆様、どうか温かい目で、いや耳で聞いてやって下さいませ!

越前屋俵太