想定外なことが起こり続けている私

越前屋俵太を名乗って35年、初めて書き下ろした本「想定外を楽しむ方法」がついにKADOKAWAから出版されることになったんですが、いや~!ここ最近本当に「想定外」なことが起こり続けていて驚いています。

 

ざっと、今回の出版に至った流れを整理しますと、京都の洛中にある佐々木酒造さんで一日だけ酒蔵を居酒屋にしてしまう「佐々俵」なるイベントを昨年から企画していて、毎年沢山の方にお越し頂いています。たまたま、昨年の「佐々俵」で、俵越山のライブペイント作品をオークションで落とされた方が、大阪の道頓堀商店街の会長さんでした。そのご縁で道頓堀のリバーフェスティバルに呼んでもらって、10メートルほどの「道頓堀川面舞台」という横断幕を書かせて頂きました。そのイベント終了後に記者の方々に取材されて、その記事がヤフーニュースのエンタメトップに出たことで越前屋俵太が復活!とかになってしまいました。

そのイベントを告知してあげようと、たまたま出た朝日放送のラジオに、結果的にレギュラー出演する事になったり、前後してひょんなことで、知り会った水道橋博士のメルマ旬報に寄稿したり、これまたひょんなことで、出会ったDDTプロレスの高木三四郎さんと、コタツごと一緒に海に落ちたり、なんか急に周りが騒がしくなっていって、そんな状況の中で出版社の方が連絡をして来られたというわけです。

いやあ!面白い。何でそうなるのか?やろうと思ってることは中々出来てないのに、よくもまあ次から次へと色んなことが起こりますね。当たり前ですが、全部が繋がっていて、あそこでこうなったからこうなって、こうなったんだ!なるほど偶然というのはこういう積み重ねなんだなあ!とあらためて思います。

 

ところが、起きてしまった事を、どうしてこんなことになったんだろうと、思い悩んでるときは、すべてがネガティブに動いているように感じます。そのことが、また何かのきっかけで、まるでオセロゲームのように黒だったものが白くなっていって、面白いように事態が変わる。本当に一瞬です。これだけはどうしようもない。だって世の中なんて、絶対自分の思う通りにならないわけですから。思う通りにしようとしている人にとっては想定外は辛いかもしれませんが、そんなに深くややこしく考えてさえいなければ、想定外は本当に楽しい。そんな事を自分の経験をもとに書いてる本のはずです(笑)。よかったら皆さん買って下さいね!

 

これからもいろんなことが起きて一喜一憂するのでしょうが、それこそブログのタイトルに引っ掛けて使っている「人間万事塞翁が馬」というやつです。いいことが起こるとみんな嬉しいのですが、悪いことが起こっときにどうするのか?そんな時の対処法として、良寛さんはスゴイことを言ってます。

 

災難に遭う時節には災難に遭うがよく候。

死ぬる時節には死ぬがよく候。

これはこれ災難を逃るる妙法にて候。

わかるんですが、このすべてを受け入れる、ということがなかなか出来ないんですよね我々凡人には。どうしても、自分に起きたことを受け入れられずにうろたえてジタバタしてしまう。こうなったら、ジタバタしてもんどりうってる自分自身すら楽しんでみるしかない!という結論に達したという話です。まあそんなことで「想定外を楽しむ方法」よろしくお願いします。想定外が起こって出版社がびっくりするぐらい売れて欲しいんだけど、まったく売れなくて、すべては想定内だと言われそうです。ホリエモンかお前は!