俵越山ニューヨークNOW!

昔、テレ朝で越前屋俵太として出演してた「巨泉さんの使えない英語」のロケ以来のニューヨークです。内容は、私が街行く人達にわざと間違った和製英語で喋りかけて、通じないというロケ映像を見ながら、スタジオでテレビ界の重鎮、大橋巨泉さんが、正しい英語を解説するというものでした。巨泉さんから名指しで頂いた仕事でしたので、緊張しながらも、海外ロケでは好き勝手していたのを覚えています。

アメリカ中の道端で、朝から晩まで、道行く人達にノーアポで声をかけまくり、英語だと思っている単語が通じないというズレから笑いが起こり、これはこれで英語が完璧に喋れなくても、身振り手振りと、乗りで、取り敢えず相手を笑かしてしまえば、外国で生きていくのもなんとかなるんじゃないかと思えた貴重な経験でした。

ニューヨークでは、ウォール街に行って、敢えて忙しそうに働いているニューヨーカー達に喋りかけて、おもいっきり無視されるようなロケをしていたような記憶があります。

「アイ フロム ジャパン バイ エアープレイン エコノミークラス!」っていうのが、決め台詞でした。あれから20年たった今もやっぱり「アイ フロム ジャパン バイ エアープレイン エコノミークラス!」です。そう言えば、昔、飛行機でトミーズにあった時、向こうはファーストクラスでした。おもわず、「さすが売れっ子は違うね!」って聞いたら「せやねん!」て言ってました。庶民的なキャラのはずだったんですが、みんなそうやって人生の階段を登って行くんですね。

どうやら私が登っていたのは階段じゃなくて、岩場だったのかな(笑)途中で頭が当たるんでおかしいなと思ったら、岩がオーバーハングしてて、それ以上登れなくなったって感じですかね。まあ、そんな所です、ハイ。

今回はそのニューヨークに俵越山として、オーバー・ハングは無理だったので、ジュディ・オングさんを目指して国際的スターになって、エーゲ海に行く為に、頑張りたいと思います。

それでもって、ありがたいことに、今回のニューヨークでの奮闘記を関西テレビさんが「越前屋俵太30周年特別企画」として、放送してくれるという事になったのですが、

まだ取材スタッフが来てないので、仕方ないのでひとりでカメラまわしてます。

スタッフの方、このブログ見てたら早く来て下さい!お願いします!