越前屋俵太30周年特別寄稿

越前屋俵太は直球しか投げなかった。

いや、正確にいうと、直球しか投げれなかった。

彼の投げた球は誰も打てなかった。

それは、速かったからじゃない。

バッターが打てる所に球がいかなかった。

そう、彼の投げる球はいつも大暴投だった。

彼の投げる球はいつもバックネットを揺さぶった。時にはスタンドに飛び込んだ。

どんなに投げても球はストライクゾーンとは程遠い所へ飛んだ。

わざとじゃない。本気で投げるといつもそうなった。

自分でも、何処に球が飛ぶのかわからなかったから、

そりゃ、誰も打てない。

観客も面白がり、越前屋俵太の暴投ぶりを楽しんだ。

嬉しかった。と同時に少し欲がでてきた。

活躍していた有名人ピッチャーのように三振がとってみたい。

ある時、肩の力を抜いて、ゆっくり投げてみたら、ストライクゾーンに球がいった。

ああ、こういう事かと思ったけど、打たれるのが嫌だから、試合ではやっぱり思いっきり投げた。

当然、フォアーボールの連続で押し出しになって、点が入り出した。

こりゃ、まずいと先輩達が投げていた変化球を見て盗んだ。

カーブ、シュート、フォーク

見よう見まねで投げてみた。意外に投げれた。

直球が来ると思っていた、バッターは次々に三振した。

力も加減して投げれるようになった。

そのうち、だんだん、コントロールがついてきて

球が、ストライクゾーンに集中してきたのが、わかった。

面白いように三振が取れた。

少し、人気者になったような気がした。

ただ、それと同時に、怖くて直球が投げれなくなった。

ゆっくり投げたら、打たれるんじゃないか。おもいっきり投げたら暴投になる。

真ん中で、どうにかして三振とらなきゃ。

いつも、そのことが脳裏をよぎった。

でも、現実はどんどん変化球に頼り続けた。

スライダー、ナックル、スクリュー、しまいには消える魔球まで。

当然、投げるのもどんどん難しくなった。あまりにも球の握り方が複雑なので、手が、指がつりそうになった。

加えて自分の技術の未熟さが追い打ちをかけた。変化球は誰にでも投げれるもんじゃない。

やはり、さんまさんや紳助さんの投げるボールにはかなわない。

自分が投げたいと思う球と、三振をとる為に投げなければならない球とのギャップに悩んだ。

結果、打たれたくない一心で中途半端な変化球を投げ続ける。いつしかそんな器量の狭い男になってしまった。

私は人を喜ばせることでお金を稼ぐプロになりたかった。

このままで果たして、人を喜ばすことができるのか。

不安になった。自分自身が楽しくなくなった。

自分を楽しませる事が出来ない人間が、他人を楽しませる事など出来るはずがない。

そう思った瞬間、マウンドに立っている自分の膝がガクガクした。

このままでは、もう球が投げれない。中途半端な球を投げ続けて、打たれてしまうような無様な格好を見せるくらいなら

潔く、マウンドを降りた方がいいんじゃないか。

生まれて初めて心が折れた。

自分にそう言い聞かせ、選手交代を告げられていないのに、自らの意思でブルペンにさがった。

苦渋の決断だった。もう二度とマウンドにはあがらないと、自分の中で誓った。

戦いながら頑張り続けている、全国にいるであろう同志達に申し訳ないとも思った。

10年間のブルペン生活をしていて、最近ふと、思い出したことがある。

越前屋俵太は三振を取る為に、投げてたんじゃない。

ただ、おもいっきり投げたかっただけなんじゃないか。そう、打たれるとか三振とか、そんなの関係なかったんじゃなかったのか。

今更ながら、初心を思い出した。

思い出してしまったんだから、今一度、思いっきり直球を投げるしかないと思った。

打たれようが打たれまいが、そんな事はどうでもいい。

ど真ん中めがけて、ありったけの力を振り絞って投げる為、いま一度マウンドに立とうと思う。

IMG_0694


  • Kushihama Yasuyo

    (*^^*)